スポンサーリンク

大阪金概況:下落、米CPI発表控えポジション調整売りが継続

大阪金概況:下落、米CPI発表控えポジション調整売りが継続
大阪取引所金標準先物 22年4月限・日中取引終値:6639円(前日日中取引終値↓22円)

・推移レンジ:高値6671円-安値6633円

10日の大阪取引所金標準先物(期先:22年4月限)は下落した。
Source: 財形新聞
大阪金概況:下落、米CPI発表控えポジション調整売りが継続

タイトルとURLをコピーしました