スポンサーリンク

NY為替:米物価・雇用指標受けドル買い後、長期金利低下で売り

NY為替:米物価・雇用指標受けドル買い後、長期金利低下で売り
10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円80銭まで上昇後、109円31銭まで下落し、109円32銭で引けた。
Source: 財形新聞
NY為替:米物価・雇用指標受けドル買い後、長期金利低下で売り

タイトルとURLをコピーしました