スポンサーリンク

アートスパークHDは株主優待の開始など材料視され大きく反発

アートスパークHDは株主優待の開始など材料視され大きく反発
■初回はこの7月末現在の単元株主が対象、買いが増える期待

アートスパークホールディングス(アートスパークHD)(東2)は7月20日の後場寄り後に1057円(62円高)まで上げ、前場に続いて7月15日につけた高値1077円に迫っている。
Source: 財形新聞
アートスパークHDは株主優待の開始など材料視され大きく反発

タイトルとURLをコピーしました