スポンサーリンク

大阪金見通し:下落か、米国株反発映すも下落幅は限定的な可能性

大阪金見通し:下落か、米国株反発映すも下落幅は限定的な可能性
大阪取引所金標準先物 22年6月限・夜間取引終値:6398円(前日日中取引終値↑2円)

・想定レンジ:上限6420円-下限6340円

21日の大阪取引所金標準先物(期先:22年6月限)は下落しそうだ。
Source: 財形新聞
大阪金見通し:下落か、米国株反発映すも下落幅は限定的な可能性

タイトルとURLをコピーしました