スポンサーリンク

ピックルスコーポレーションが業績予想を増額修正、通期の連結営業利益は従来予想を21%引き上げる

ピックルスコーポレーションが業績予想を増額修正、通期の連結営業利益は従来予想を21%引き上げる
■野菜は高騰したが家庭での食事が増えキムチの乳酸菌は健康志向に合致

ピックルスコーポレーション(東1)は9月25日の取引終了後、最近の業績動向を踏まえ、2020年4月14日に公表した業績予想の増額修正を発表し、2021年2月通期の連結売上高の見通しは、従来予想を4.7%引き上げて450億円の見込み(同8.7%増)とした。
Source: 財形新聞
ピックルスコーポレーションが業績予想を増額修正、通期の連結営業利益は従来予想を21%引き上げる

タイトルとURLをコピーしました