スポンサーリンク

大阪金見通し:上昇、新型コロナや米中対立激化への警戒感継続か

大阪金見通し:上昇、新型コロナや米中対立激化への警戒感継続か
大阪取引所金標準先物 21年8月限・夜間取引終値:6330円(前日日中取引終値↓12円)

・想定レンジ:上限6410円-下限6310円

28日の大阪取引所金標準先物(期先:21年8月限)は上昇しそうだ。
Source: 財形新聞
大阪金見通し:上昇、新型コロナや米中対立激化への警戒感継続か

タイトルとURLをコピーしました