スポンサーリンク

【株式市場】米金利上昇の再燃など受け日経平均は次第安となり一時2万9000円を割る場面が

【株式市場】米金利上昇の再燃など受け日経平均は次第安となり一時2万9000円を割る場面が
◆日経平均は2万9004円41銭(554円69銭安)、TOPIXは1880.59ポイント(23.95ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億2021万株

3月4日(木)前場の東京株式市場は、このところ米国株が下げる時の要因になっている米金利上昇の再燃などを受け、株価指数の先物が先行安し、日経平均は360円安で始まった後も次第安となった。
Source: 財形新聞
【株式市場】米金利上昇の再燃など受け日経平均は次第安となり一時2万9000円を割る場面が

タイトルとURLをコピーしました